『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『なぜ今・・親子留学??』
先日、子供2人を連れてアメリカに親子留学に行ってきた。
前々から行きたいとは思っていたけど、今回は急に行くことが決まった。
これにはちょっとした訳があって・・7月の初めに6歳の息子が急に髄膜炎になった・・その病気のことをよく知らない私は、名前だけ聞いてひとりオロオロしちゃって、半絶望的な気分になって・・・。
とりあえず休みの日だったので、近くの大学病院に救急で行くことに。
診察してもらって、髄液を抜いて検査したところ、「ウイルス性の髄膜炎なので心配はないです」とのこと。
ホッとしたのと、いつ何が起こるかわからない・・・という怖さが入り混じって、やりたいことは今のうちにやっとかなきゃ!って気持ちになって。
そんな時に、パソコンで親子留学って検索してたら、たまたま目に付いたところがココhttp://newselestusa.blog48.fc2.com/
すぐにメールを送って、電話で話して・・。
1ヵ月後には航空券も手配して、着々と親子留学に向けて準備開始!
さぁ、いよいよ親子留学に出発!!


ポチッとお願いします!
    ↓

スポンサーサイト
【2006/11/18 14:53】 親子留学 | トラックバック(0) | コメント(2) |
『いよいよ・・出発!!』
10月26日(木)
10月26日~11月6日まで、10泊12日間の親子留学に行ってきました。
アメリカはユタ州ソルトレイクシティに向けて出発!!
ワクワクしながら機内へ

成田からサンフランシスコまで行って、そこで国内線に乗り換えてソルトレイクシティへ。
行く前は皆に、「子供連れで乗換えなんて、大変だよ~~」と言われましたが、そんなことない・・・
日本時間では夜中のはずなのに、うちの子達はちゃんと起きて「ここがアメリカ?」なんてキャピキャピしながら乗り換えもバッチリでした。
母親がひとりで子供2人を連れていると大変そうに見えるのか、機内でも隣の人に親切にしてもらったり、本当にラッキーでした。
そんなこんなで・・無事にソルトレイクシティに到着!!
早く荷物来ないかなぁ・・・

その後のホームスティの様子、少しずつ紹介していきますね。
お楽しみに!!


ポチッとお願いします!
    ↓

【2006/11/19 07:45】 親子留学 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『早くも仲良し・・・子供の順応性ってスゴイ!!』
10月26日(木)
4歳の娘と6歳の息子を連れての、初めての親子留学
アメリカに到着して、いざホストファミリーの家へ。
ここは、お母さんが日本人でお父さんがアメリカ人。
で、子供たちはハーフです。しかも、4人。
私は、今までかなり海外旅行をしてきた経験があるけど、実は英語はほとんど話せない・・。
でも、持ち前の度胸のよさで、ボディーランゲージって言うの?なんとなく通じちゃってたのよね。
そんなだから、ちゃんと英会話を勉強するでもなく・・今に至るということで・・・。
だから、今回お世話になるホストファミリーの方は、日本語の通じる方・・・ってことで、
国際結婚の家庭になったんです。
やっぱり、子供も一緒だとそういうトコ、少し慎重になっちゃいますね。
いままで、うちの子達は海外旅行といっても、ハワイ、グアムくらいしか行ったことがない。
なので、初めてのアメリカの広大な景色や大きな家に、メチャメチャ感動していました。
日本の自宅は小さいもんね・・・。
で、到着したのが夜だったので、その日はお風呂に入ってすぐにおやすみなさい・・zzz
次の日には、もう子供たち一緒に遊んでる!!
なんで~~?言葉も通じないのに・・!
私たちがお世話になったホストファミリーの家には、ウチの娘と同い年の女の子がいて、お互い日本語と英語でなにやら言っては、遊んでいました。
ホストファミリーの家の庭で

息子のほうは・・・というと、お向かいの家の男の子(ひとつ年下)と仲良くなって、その子の家に遊びに行ったり・・。
しかも、その何日か後には、お向かいの家で夕飯までご馳走になってくるほど!!
お向かいの家へ

ホント、子供の順応性ってすごい!!
こんなにすぐに慣れるなんて思っていなかったので、ビックリするやら、嬉しいやら・・。
子供たち、連れてきて良かった~~と、しみじみ感じる母でした。


ポチッとお願いします!
    ↓

【2006/11/20 23:25】 親子留学 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『ご招待!!3日早いハロウィンパーティー』
10月27日(金)
ハロウィン目前にして、ご近所の家でのハロウィンパーティーにご招待されました。
もう、アメリカでのハロウィンの力の入れようは、日本とは全く違う・・・。
ウチの息子が仲良くなった家の玄関横には、ちょっと怖い飾りがあるし。(写真参照)
お向かいの家の玄関前

これがあるから、娘は一人ではお向かいの家に行くことができないでいたし・・。

早速、それぞれコスチュームに着替えて、いざ出発!!
息子はハリーポッター、娘はミニーマウス。
なんと偶然にも、息子が仲良くなったお向かいの家の子も、ハリーポッターでした!!
ホームパーティー1

ユタ州は比較的乾燥している地域らしく、ほとんどの家は地下にもお部屋があるそうです。
今回、パーティーを企画してくれたお家も地下のお部屋をディスコ(ちょっと言い方古い?)みたいに飾り付けて、フラッシュやミラーボールまであって、とにかく凄かった!!
しかも、ここのパパさんDJまでやってくれちゃって。これがまた、プロ並みにうまい!!
途中、ゲームやリンボーなんかもやってくれちゃって、演出もすばらしかったです。
子供たちはとっても楽しそうに、ノリノリで踊ってました♪
ホームパーティー2

もちろん、私も仮装しましたよ~~。
えっ?見たいって??←そんなこと誰も言ってない!
まぁ、そのうち写真載せますね~~。お楽しみに!!
ちなみに、私はティンカーベルです。
やっぱり、アメリカだからこそできたことで、日本だったら絶対にティンカーベルにはなれなかった・・・。
うん、楽しかったぁ!!


ポチッとお願いします!
    ↓

【2006/11/21 10:56】 親子留学 | トラックバック(0) | コメント(3) |
『アメリカって・・・とにかくスゴイ!!』
10月28日(土)
アメリカに着いて初めての週末。
私たちがお世話になったホストファミリーのご主人は、普段はラスベガスに仕事で行っていて、週末だけ自宅に帰ってきます。
で、私たちがいるということもあって、近所でもパンケーキが美味しいと評判のお店に連れて行ってくれました。
パンケーキはもちろん美味しかったけど、スコーンがメチャメチャ美味しかった!!
しかも、大きさもスゴイ!これでもパンケーキは小さいほうを注文したんですよ~。
スコーンっていうと、カップケーキみたいなのを想像してたんだけど・・「何これ?」ってくらいの大きさ!お皿からはみ出さんばかりの・・・。
やっぱり、アメリカってなんでも大きいんだな~って実感!!
パンケーキとスコーン

少し遅めのブレックファスト(ブランチ?)の後、ラグーンという遊園地に行ってきました。
ここも、すっかりハロウィンの飾りつけで、中にはコスチュームを着て遊びに来ている子供もチラホラ。
手に押してもらうスタンプも、ハロウィンバージョン。
ハロウィンスタンプ

結構、子供向けの乗り物がたくさんあって、夕方くらいまで楽しんできました。
途中で、ホストファミリーの家族と待ち合わせ時間を決めて別れて、私と子供たちだけで行動することに・・。
早速、子供が「何か飲みたい」と言うので、自動販売機を探しに行くと・・あった!!でも、炭酸入りの飲み物ばかり。
まだ、ウチの子たちは炭酸入りが飲めない・・・どうしよう・・・と思ってると、あれ?これは??隣にミネラルウォーターがあった!!
じゃぁ、これを買おう・・でも、どうやって??
2ドル50セントって書いてあるから、とりあえずお金を入れて・・・って。
1ドル札1枚・・2枚・・3枚・・・えっ??3枚目が入らない!!どうして?
何度やっても3枚目が入らない!!返却のレバーを押してもすでに入った2枚も戻ってこない・・・。
エ~~ン!!どうしよ~~・・・。
でも、ここで母がオロオロしちゃうと子供たちも不安になっちゃう・・と思って、ヨッシャ!!と気合を入れて、近くにいたゲームコーナーのお兄さんにタドタドしい英語で聞いてみた・・。
すると、50セントはコインでないとダメとのこと。
「1ドル札を25セント4枚に両替して入れてみて」と言われてやってみると・・出た!!やっとミネラルウォーターをGETすることができました。(ホッ)
この様子を見ていた子供たち、「ハイ、お水、どうぞ~」と渡すと・・
「ママ、さっきなんて言ってたの??英語喋れるの知らなかった~~、すっご~~い!!」と今までとは違うまなざしを感じて、ちょっと鼻高々の母でした。
それからというもの、少し自信のついた母に感化されてか、子供たちも少しずつ英語が口から出てくるように。
そうそう、これこれ!!折角アメリカまで来たんだから・・こういうのがなくっちゃね!
やっぱり子供たち連れてきてよかったぁ!!
遊園地(ラグーン)


ポチッとお願いします!
    ↓

【2006/11/22 23:57】 親子留学 | トラックバック(0) | コメント(8) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。